6.5-12 Ichikawa Shogo Solo Exhibition

更新日:5月27日


Ichikawa Shogo Solo Exhibition

2022年6月5日(日)〜12日(日)

11:00-18:00 ※月曜休み

入場無料・駐車場有り



市川しょうご Shogo Ichikawa @shogo_icikawa

1989年生まれ 福岡県北九州で育つ。

福岡の老舗洋服屋にて勤務後、画家としての活動に移行した。

北九州市小倉のdeep spot"sound space α“にてライブパフォーマンスや壁画作品の作成など行う等、実験的なdeep soundと身近な環境でプランのない踊りを作品に変換し続けている。

意識と無意識のコントロールを重視するようになり、それらを総称し、自身を抽象化していくことで、作品に大きな変化を生み出した。

2022年1月 個展「Solo Exhibition Shogo Ichikawa」を福岡市薬院Siroccoにて初開催

2022年3月〜8月末 博多大丸天神店エルガーラ東館3Fにて常設展開催

作品は主に油絵の具、水性アキルド樹脂、膠、大理石を使用。

アカデミックな教育を受けずに、非概念的な固まった筆や自作した筆などで自由にpainting/drawingを行い、同時に布や自らの手で掃除のように擦りながら、キャンバスとの距離感を計る。このような行為が自身のサイケデリックな感覚と重なり、表現を特徴付けている。

北九州という工業都市の荒々しくも真っ直ぐに屈折した風土が表現の基盤。

自身の記憶に想像を交えて作品を描き、誰でもが感じうる自らのルーツへの想いを普遍的な思いとして、人種や主義・主張を超えて伝えることができると考えている。